カーセンサー セレナ 中古車

MENU

セレナ中古車をカーセンサーで買う!

発売日:毎月20日

 

 

リクルートから販売されているカー雑誌のカーセンサーからでもセレナが購入できますが、

 

 

現在はカーセンサーのネット版を利用しているユーザーが多いですね。

 

 

掲載の物件数

 

カーセンサーでは全国約30万台の中古車(未使用車)物件の中からユーザーが探している1台を選ぶことができます。

 

 

ネットで検索

インターネットで物件の検索ができる

 

カーセンサーnetでは

 

価格見直し情報メールやホンネ予算相談など

 

さまざまなサービスでユーザーのクルマ探しをサポートしてくれます。

 

 

 

カーセンサー認定

 

第3者の専門検査機関の「AIS」が物件の状態を厳しく検査して

 

結果をわかりやすく表示したカーセンサー認定。

 

クルマのどこにキズや汚れがあるか事前にわかるので、安心・納得の中古車探しができるのです。

 

 

 

スマートフォンのアプリ

 

カーセンサーはスマホにも対応しています。

 

アイフォンやアンドロイド端末で使える中古車検索アプリやカーセンサー本誌が発売前に読める「早出し!カーセンサー」など

 

様々なアプリが用意されてます。

 

 

 

 

総額表示

 

カーセンサーでは物件の支払い総額表示を推奨しています。

 

総額とは点灯納車の場合にかかる車両価格に税金や販売店手数料を含めた総額表示のこと。

 

これなら予算オーバーの心配はありませんね。

カーセンサーでのセレナ(中古車・未使用車)の探し方

 

 

 

メーカー車名を選択するをクリック

 

 

 

 

日産をクリック

 

 

 

 

セレナにチェックを入れる

 

 

 

 

この条件で検索するをクリック

 

 

 

 

地域をクリック

 

 

自分が住んでいる地域にチェックを入れる

 

 

チェックした地域の中古車を検索する

 

 

 

カーセンサー認定車が欲しい人はチェックを入れる。

 

 

カーセンサー認定車とは?

 

第3者の専門検査機関の「AIS」が物件の状態を厳しく検査して結果をわかりやすく表示したカーセンサー認定。

 

クルマのどこにキズや汚れがあるか事前にわかります。

 

 

 

 

希望条件を3つ入れる

  1. モデル・グレード
  2. 年式
  3. 走行距離

 

 

もっと細かい条件を入力したい場合は
▼もっと詳細な条件を追加する

 

をクリック

 

 

 

 

予算を重視したい人は

 

支払い総額の

 

「安」をクリック

 

 

 

 

 

年式を重視したい人は
「新」をクリック

 

 

走行距離を重視したい人は

 

「少」をクリック

 

 

 

 

それらをすべてクリックしているとあなたの希望のセレナ中古車の候補がピックアップされます。

 

セレナ中古車って値切れるの?

 

管理人の知り合いに買取店(中古車販売も兼ねている)を経営している人がいます。

 

お客さんから、

 

新車の値引きはしてくれるけど、「中古車はどうなの?」

 

という質問をけっこうされるそうです。

 

え?

 

できるにきまってるやん・・・

 

と思ったことを覚えています。

 

 

 

中古車は値引きしてくれないもの、そう思っている方が多いので、

 

 

セレナの中古車を安く値引きして安く買う方法

 

これをご案内します!

 

やはり、少しでも安く買いたいですよね?

 

安く買う裏ワザも一緒にご紹介します!

 

 

 

とその前に、

 

クルマ業界の裏側を知って下さい!

 

安く買う為には、業者の裏側を知らないと無理です。

 

それにはまず、あなたが

 

中古車販売店のセールスマンになったとイメージして下さい。

 

 

 

例えばセレナを100万円で仕入れて、140万円で売るとします。

 

販売店は40万円の利益です。

 

(話を簡略化するために税金等は除外)

 

 

 

ここでお客さんが、

 

「あと少し値引きできませんか?」

 

そう言ってきました。

 

あなたがセールスマンだったら、どう返しますか?

 

 

 

10万円値引きしますか?

 

どーんと20万円値引きしますか?

 

ちょっと、自分がセールスマンだったら、

 

どのように交渉するか、考えてみてください。

 

 

 

・・・・

 

 

 

どうですか?

 

 

 

これだ!というセールストーク、イメージできましたか?

 

 

 

 

 

まず、セールスマンは、ほとんど値引きトークに乗ってきません。

 

だって、

 

「あと少し値引きできませんか?」

 

このような質問をしてくる時点で、

 

お客さんが、そのセレナにかなり興味を持っている

 

事が読み取れるからです。

 

 

 

セレナの中古車は、新車とは違って、世界に1台だけのオンリーワンのクルマなわけで、

 

セレナの新車だったら、

 

「他のディーラー行くよ」

 

なんて言っておどすというか、

 

新車ディーラーのセールスマンも、

 

他のディーラー行かれると困るので、

 

しぶしぶ値引きアップに応じたりします。

 

 

 

でも、セレナの中古車の場合は、

 

他にはまったく同じ条件のセレナが無いわけなので、

 

お客さんには、値引き交渉に使える様な、

 

ライバル車がありません。

 

 

 

当然ながら、同じ様なセレナはありますが、

 

色々と比較検討した結果、

 

この車のこれが良い、ここの部分も良いな・・

 

という思いがあって初めて、

 

「あと少し値引きできませんか?」

 

という言葉がでるわけです。

 

興味がなければ出ないキーワードなんですね。

 

だからセレナの中古車を購入する時は、お客さん側では無く、

 

販売店が主導権を持ちやすい立場にあるというわけです。

 

 

 

欲しい気持ちが高ぶっているお客さんに対しては、

 

様々なセールストークを駆使してたたみこんできます。

 

 

  • 他にも検討しているお客さんがいるので、明日には売れてしまっているかも知れません。
  • 保証付きなので値引きができないんです。保証無しでよければ10万円値引きしますが・・・
  • もし今日決めて頂けるなら、135万円で店長にかけあってみます!
  • ローンは、利益をこっそり取る店が多いですが、うちは低金利ローンで対応しますよ!
  • 即決なら3年間無料でオイル交換サービスします!

 

 

 

まあ、鉄板のセールストークは、

 

「他にも買おうとしているお客さんがいるので、たぶんすぐ売れちゃいますね」

 

このフレーズを多用してきますね。

 

 

 

本当の時もありますし、そうじゃない時にも使います。

 

即決してくれる鉄板のトークです。

 

 

 

 

 

しかもセールスマンがなんか感じの良い人なので信頼できそうだ・・・。

 

なんて親近感があったりしたら、

 

こんな事言われたら、買っちゃいませんか?

 

しかも売り切れしたら、また選びなおしたりんだりするのも面倒くさいし、

 

その辺りのことは、セールスマンはちゃんと熟知しています。

 

 

 

こんな感じで、

 

セレナの中古車販売って、売るのがまあ簡単なんです。

 

 

 

ただ、買う側にとしては、

 

ちょっと値引きは厳しそうですよね・・?

 

でも、このように売り手側が強い立場であっても、

 

打開策があります。

 

 

 

今回、販売店が100万円で仕入れたセレナを140万円で売る、という仮説を立てましたが、

 

当然ながら仕入れ値という原価があるわけなので、値引きには限界があるわけですね。

 

 

 

それはいったいいくらなのか?

 

およそですが120万円前後が限界レベルになります。

 

え〜!! 20万も利益とるの?

 

と感じた人もいらっしゃると思いますが、

 

 

 

正直、100万くらいの仕入れ値の車で、

 

20万円の利益だと、正直カツカツです。

 

もしも保証がついているセレナの場合は、

 

補償期間中に故障したりした場合直さないといけなくなるので、完全に赤字になり、業者としてはリスキーな値段つけだと言えます。

 

 

 

 

なので、保証無しで構わないよと言えば、

 

あと少しは値引きしてくれるでしょう。

 

でもホンネは保証はつけたいところです。

 

 

 

では、どうすれば、

 

限界レベルの値引きした価格を提示してもらえるのか?

 

についてですが、

 

 

 

業者の弱音につけ込むというのが答えになります!

 

 

車屋さんの最大の悩みが「長期在庫」です。

 

「長期在庫」とは、

 

2〜6ヶ月も売れ残っている車です。

 

こういう車は、1日でも早く売りたいわけです。

 

 

 

実際中古車販売店って、

 

10台車を仕入れても、利益が出る車は7〜8台くらいが平均です。

 

残りの2〜3台は、利益ほぼ無しで売るか、赤字で売却しています。

 

トータルで利益が上れば良いというスタンスで営業しているわけですね。

 

売れる車は入庫後1〜2週間で売れていきますが、

 

狙いが外れてなかなか売れない車が必ず出てきます。

 

 

 

業者としては、このような長い期間売れない車が痛いのです!

 

置いているだけで、クルマの価値はだんだん下がっていきますし、

 

肝心の会社の軍資金がうまく回っていないことになります。

 

さらに保管スペースがもったいないのです。

 

だから1日でも早く売りきって、次の売れる車のための軍資金に充てたい。

 

こういった考えが社長の頭の中にはいつもあります。

 

 

 

なので、長期間売れてない車は、

 

利益ゼロか、多少の赤字でも損切りしてしまう、

 

なんてことは日常茶飯事なんです。

 

 

 

いつも仕入れた車が長期在庫車にならないかどうかを

 

気にしているのが、中古車販売店の実情なんですね。

 

 

 

だから、仕入れたばっかりの車でも、

 

すぐに買ってくれる見込み客が居るのなら、

 

あまり利益にならないケド・・・長期在庫車になるよりマシか・・

 

いつもこのように考えています。

 

 

 

その心理面をついて交渉すれば買い手側が有利になりますね。

 

 

 

例えば、カーセンサーを見て、

 

同じセレナ、同じ走行距離を安い値段順で並べ替えると、

 

最も安いセレナと、最も高いセレナを比べると、

 

似たようなセレナなのにもかかわらず、けっこう価格に差があるのに気が付くと思います。

 

 

 

安いセレナは下記の3つのどれかに当てはまります。

 

  1. 事故修復歴車
  2. 長期在庫車だから価格を下げた
  3. 仕入れ値が安かった

 

 

業者は、長期在庫が続くと、カーセンサー.net等を使って、価格を一段階下げます。

 

そうすると、ある一定の値段のラインを下回ると、

 

お問合せ数が一気に多くなる、という値段のラインがあります。

 

 

お客さん側が思う事としては、

 

特に安すぎる車は、何か裏があるんじゃないか・・

 

そう疑ってしまうのですが、

 

 

 

現場の人間としては

  • 長期在庫なので早く売ってしまいたい
  • 仕入れ値が安かった

 

こういった理由の方が圧倒的に多いのです。

 

 

事故修復歴車の場合は論外ですが

 

最近はみんなしっかりと中古車サイトに掲載しています。

 

今は、お客さんを騙して事故車を販売すると大ごとになるので、

 

事故車ならば、昔とは違って真面目に事故修復歴車と掲載しています。

 

 

 

そして、交渉です!

 

電話やメール

 

対面でも大丈夫です。

 

 

 

いくつかめぼしいセレナをピックアップします。

 

対面の場合はやはり地域が限定されてくると、

 

中古車を買う時、今は現物を見ずにネットで買っていく方もおられますが、

 

現物のセレナを見たい場合、安く掲載されていた車が、

 

かなり遠方の地域だったりします。

 

 

 

近場だけで選ぼうとすると、台数がかなり限られてくるので、

 

最安値よりも、少し高い価格帯のセレナを

 

ピックアップすることになるでしょう。

 

しかし、値段が少し高いという事はまだ値引きの幅があるという事でもあるわけです。

 

 

 

そこで、上で見たような最安値に近いセレナを引き合いに出します。

 

「他に比較しているセレナがあってかなり考えてます。厳しいかも知れませんが、○○万円にはなりませんか? その金額でしたら即決しようと考えてます」

 

そう言うと、まず上記で紹介したように、

 

「もうすぐ売れちゃいますよ」とか、

 

やんわりと値引きを断られると思います。

 

 

 

メールや電話の場合は、

 

似たようなセレナが〇〇万円で出ていた

 

という感じで書くとベストです。

 

 

 

業者としては、

 

値引き交渉には応じてくれなかも知れませんが、

 

本心は、「即決」

 

というキーワードにグラグラきているはずです。

 

長期在庫よりマシ」 これが、常に頭によぎっているわけです。

 

 

 

値引き交渉が厳しければ、一旦帰りましょう。

 

電話の場合は、一旦切ります。

 

メールの場合は返信を待ちます。

 

そこで引き止められたら、値引き交渉の余地があると予想できます。

 

 

 

引き止められなかったら、

 

実際に買おうとしているお客さんがいるか、

 

ある程度したら売れる!と自信がある

 

という事と判断できます。

 

 

 

引き止められたら、

 

譲歩案が出ると思います。

 

更にそこで、

 

「他の車も気になるので、ごめんなさい、やはり即決はさっきの値段ではないと難しいです。」

 

と伝えれば、即決価格で決めてもらえるかもしれません。

 

厳しい場合は、無理なので譲歩案で決めてしまいましょう。

 

 

 

重要ポイント

 

  • ○○万円にしてくれたら即決
  • 他のクルマも検討している

 

このキーワードに激弱です。

 

これらを言葉を使うと安く買えます。

 

 

安く買える販売店の特徴

 

実は、クルマの流通が重要ポイントです。

 

 

 

中古車って、次のような流通経路だと思っている人が多いのですが・・・違うんです。

 

×:売る人 → 業者 → 買う人

 

 

 

実は、次のような流通構造になっています。

 

 

@ クルマを売却した人(消費者)

 

 

A 業者(100万円で買う)

 

 

B 業者オークショ

 

 

C また業者(120万円で落札)

 

 

D 中古車を買う人(消費者)150万円

 

?????????????-

 

中古車って、この真ん中にある、

 

B「業者オークション」が、業界のボスなんです。

 

なので、中間マージンがとても多くなってしまう事もあり、

 

クルマを買う人へ行きつくころには、金額が高くなってしまうわけです。

 

 

 

車って、

 

買う時は高いが、売る時は安い

 

そう感じませんでしたか?

 

この複雑な流通構造が一つの要因なわけです。

 

 

 

街中の中古車屋さんは、この業者オークションから仕入れているショップが多いです。

 

だから、高いんです。

 

 

 

ひとつ、視点を変えてみましょう。

 

さきほど、安く販売している中古車の特徴に、

 

「仕入れ値が安い」

 

という点を述べました。

 

 

 

国内で最も安く仕入れている業者が2つあります。

 

 

それは

 

  • 新車ディーラー
  • 買取専門店

 

 

新車ディーラーは黙っていても、下取り車が入ってきますし、買取専門店は、売る人が多いので消費者から直接買っているという仕組みです。

 

 

 

つまり、業者オークションから買ってないので、オークションよりも安く仕入れできているため、

 

そこまで高く売らなくても利益が出る構造ができているのです。

 

 

 

当然、街の中古車屋さんも下取り車は入ってきます。

 

それらの下取り車は安く仕入れできているために、そこまで高く売らなくても利益が取れます。

 

 

 

でもなかなか、

 

売りたい人 → 業者 →⇒ 買いたい人

 

このシンプルな仕組みが出来ていないのが実情です。

 

というのも、

 

車って、かなり高い商品です。

 

何百台も在庫として抱えると経営的に危険なんですね。

 

 

クルマって時間の経過とともに価値は下がる商品です。

 

だから、すぐに利益確定したいのが、心情です。

 

 

だから、買取したり、下取りしたクルマのほとんどを、

 

すぐに業者オークションへ出すわけです。

 

そこで、国内の業者がネットで出品情報を見るので、

 

その車種の扱いが得意な業者が、

 

すぐに落札するので、確実に利益がでて、

 

すぐに資金回収ができる・・・というわけ。

 

 

 

ただ新車ディーラーも、買取専門店も、

 

業者オークションよりも、消費者へダイレクトに売った方が利益幅が大きいので消費者に売りたいとは思っているんです。

 

 

 

でも、売れるまで時間がかかってしまうので、難しいのです。

 

その理由が何度も書きましたが長期在庫のリスクです。

 

 

 

なので、仕入れた車の一部だけ、

 

在庫車として展示しています。

 

 

 

カーセンサーで安い順で並べ替えてみてみると、

 

似たようなセレナなのに、なぜか安い、

 

そういうセレナがあります。

 

これらは、

 

安く仕入れられた

 

 

  • 下取り車、
  • 買取り車両
  • 長期在庫

 

こういう車は値引きの余地があるので、

 

下取り、買取車両、長期在庫、を狙うのが良いです。

 

 

 

買取専門店も、

 

大手のガリバーやビッグモーターなんかは、

 

もともとは買取ばっかりしていたのですが、

 

最近は、消費者への直接販売にも積極的に力を入れており、

 

業者オークションに頼らないビジネスモデルを構築するために、頑張っている最中です。

 

 

ズバット車販売

これはいいな、と感じています。

 

欲しい車の情報を、入力すると、

 

買取専門店が、買取したての車を提案してくれるサービスでです。

 

 

 

 

業者側としては、

 

先にオーダーがあれば、在庫の心配が無く、

 

更に、利益が薄い業者オークションではなく直接消費者へ売れるわけです。

 

 

 

買取専門店は、今までより利益があがって、

 

消費者も、従来よりも安く購入できるわけです。

 

 

 

ただ、重要なポイントとして、

 

業者は結局のところ、できるだけ高く売りたい、そう狙っています。

 

なので、

 

カーセンサーで欲しいセレナの相場をつかんで、

 

それよりも少し安めの金額を ズバット車販売で、

 

事前にこの予算で、この年式、距離の、セレナが欲しい、

 

と依頼すれば、安く買える可能性が高まります。

 

 

 

裏ワザは?

 

はい、これなんですが、

 

どんな業者も、

 

在庫を抱えたくない

 

という気持ちがあります。

 

これは上でいろいろと書いた通りです。

 

 

 

中古車屋さん側としては、

 

最初から、オーダーをもらっておけば、

 

業者オークションから

 

どんなセレナでも仕入れる事が可能。

 

(毎週数万台出品されます)

 

 

 

業者としては、

 

在庫になる心配が無いので

 

仮に安く売ったとしても利益がでるので問題はないのです。

 

 

 

カーセンサーとかで、

 

ある程度欲しいセレナのめぼしと、

 

最安値の相場感がつかめてきたら、

 

地元の業者に、

 

オークション代行をお願いするんです。

 

(ここは会いに行く必要があります)

 

 

 

中小の、車屋さんがベストです。

 

大きい会社だと、

 

経費も膨大ですし、営業マンも

 

会社の目標を追うのが目的になってしまい、

 

オークション代行はちょっと面倒がられるかもしれません。

 

 

 

社長だけ1人の会社か、

 

多くても5人くらいの小規模店舗がベストでしょう。

 

こういう店、意外にちゃんとしてるんですよ。

 

地元密着ですから、

 

下手なことはできないですから。

 

 

 

ただ、丁寧な接客とか、

 

一般的に受けるような、

 

接客態度は期待しないでくださいね。。

 

 

 

そこで、ネットで見た車があったら、

 

その在庫を見に行くついでに、

 

オークション代行を依頼してみましょう。

 

 

 

上で書きました、

 

業者オークション

 

ここから買い付けてきてもらうんです。

 

 

 

業者側としては、

 

在庫で保有しないのでリスクがなく、

 

良心的なところだと、

 

10万もしない手数料だけで

 

セレナを仕入れてきてくれます。

 

もちろんローンでもOKです。

 

 

 

予算は、カーセンサーとかで

 

相場をチェックしておけば、

 

それを基準にして依頼しましょう。

 

 

 

すると、業者も無理が無いですし、

 

ユーザーも安く購入できる。

 

また、地元で仲良しの車屋さんができれば、

 

車検や整備、板金、タイヤ交換、オイル交換と、

 

便利です。

 

小規模な車屋さんと仲良くなると、本当に便利です。

 

 

 

 

 

少々長くなりましたが、でも、

 

とても重要な事を忘れていませんか?

 

今乗っている車です。

 

 

 

売りますよね?

 

ま、まさか、

 

新車ディーラーに下取りしようと思っていました?

 

中古車店に下取りしようと思っていました?

 

買取専門店で売ろうと思っていました?

 

 

 

車をせっかく安く買う話をしたのに、

 

今乗っている車を安く買い叩かれては、意味ないです。

 

ハッキリ言って、安く買う事よりも

 

実は

 

高く売る方が、圧倒的に重要です!!!

 

 

 

安く買うなんて、簡単な事なんですが、

 

素人が車を高く売るって、

 

実はとっても難しいんです。

 

 

 

だって、買取店も、新車ディーラーも、中古車店も、

 

買取、下取り、って仕入れなワケです。

 

この世のどんな商売で、仕入れを高く買いたい会社があるでしょうか?

 

仕入れって安く買いたいですよね。

 

そらもう、できる限り安く買いたいのです。

 

 

  • 高価買取!
  • どこよりも高く買う!
  • 高価買取日本一に挑戦!
  • 他社より20万円も高く売れた!

 

 

これ、ぜ〜んぶ、

 

単なる集客の為のキャッチフレーズです!

 

 

 

まさか、

 

本当に高く買ってくれるのかな・・

 

そんなこと思っていました?

 

だったら、

 

非常に危険です・・

 

 

 

日本人が手放す中古車って、

 

実は50%近くが、海外に輸出されています。

 

新しい車はもちろん、

 

10年以上古い中古車や、

 

10万キロ、20万キロ以上走った車もバンバン輸出されています。

 

 

 

上記で紹介した業者オークションでは、

 

海外のバイヤーがすごく多くて

 

とてつもない台数を、

 

とてつもない価格で落札していきます。

 

オークション会場は、外人だらけなので驚くと思います。

 

 

 

海外では、車って、

 

期間は30年間くらい、走行距離でいうと100万キロ程度まで使われます。

 

廃車する車も、部品(パーツ)取り車として高値で取引されます。

 

 

 

 

日本では古くて、過走行車なので、価値が無いと決めつけている人は多いです。

 

新しい新車同然の車も、新車以上の値段で買ったりもあります。

 

どんな国も輸入規制があり、

 

新車NGの法律がある国は、

 

中古車を新車以上の値段で買うのです!

 

ホントの話です。

 

 

 

日本人で、この海外相場をほとんどの人は知らないでしょう。

 

 

「10万円くらいかな・・・」

 

なんて思っている車が、

 

なんと、

 

100万円の相場があったりします。

 

こういった中古車を、

 

業者は80〜100万円で取引したりしません。

 

 

 

何とかして安く買おうとします。

 

 

 

お客さんが、

 

「少しでも値段が付けば・・・」

 

「10万くらい値段がつけば嬉しい・・」

 

こんな事を言っていると、

 

本来100万円の海外相場の価値がある車でも、

 

1万、2万とか、で平気で買取しますし、

 

10万円の希望金額を聞いたのなら、

 

10万円以下を提示したりします。

 

そして、売った後すぐに業者オークションに出品して、

 

100万円で売り抜けてしまうんです。

 

契約さえ取れれば、もうこっちのもんなんです。

 

 

また、車の買取りに関しては、

 

クーリングオフ制度も効きません。

 

車買取はクーリングオフから除外されているんです。

 

買ったもん勝ちです。

 

そもそも、お客さんは本来の車の価値にて気づくことはめったに無いので、

 

キャンセルの連絡はほぼありません。

 

 

 

 

セレナが安く買えた〜 良かった〜!

 

と喜んでいて、

 

実は100万円の価値がある車を、

 

5万円程度で売ってしまっては、話になりません。

 

 

 

消費者は、値引き額に注目しがちですが、

 

最も重要なのは、今載っているクルマを高く売る事です。

 

こちらのほうがはるかに重要な事です。

 

 

 

ただ、消費者がプロに車を高く売るのにも、

 

これまた難しんです。。

 

 

 

購入する時と違って、相場が不明ですし。

 

なんせ海外相場って、

 

とある国は車体番号が何番までが輸出OKとか、

 

〇〇年式の車だけが輸出OKで、その年式だけ高く売れるとか、

 

プロ以外は一切解らない相場があります。

 

 

 

各国にはいろいろな輸入規制があります。

 

○○番の車体番号までとか

 

年式規制とか、人気色とか、本当色々な規制があり、

 

その規制の範囲内にガチっとハマると、

 

値段が2〜3倍に跳ね上がります。

 

 

 

なので、素人が高く売ろうと思っても、

 

かなり難しいのが現状です。

 

 

 

 

 

じゃあ、どうすればよいのか?

 

私が買取店時代に、どうしても安く買えないお客さんがいました。

 

限界金額を、出すしかないんです・・

 

実はシンプルで、

 

要は比べる、または競争させるという事なんです。

 

 

 

方法は、2つあります。

 

まず1つは、とことん競争させて売却する方法です。

 

 

良いサイトがあります。

 

ネットで査定依頼するだけで、

 

こんな感じで、おおよその買取相場がWEB上で表示されます。

 

 

 

しかも、、これだけではありません。

 

  • 業者の限界価格、つまり最高額で売れる
  • 電話が殺到しない
  • 営業されません
  • 個人情報が漏れない
  • 時間も手間もかからない
  • 価格も納得 透明性がある
  • 完全無料

 

 

クルマ業界に長くいますが、本当に良いサイトだと思います。

 

 

 

今まで、ここまで徹底的に消費者向けなサービスはなかったです。

 

ユーカーパック

 

というサイトです。

 

 

 

これ、どういったシステムになっているかと言うと、

 

細かい部分を書きます。

 

 

 

@申し込みをします。

 

この時、入力するのは非常に少ない情報だけで、

 

住所も申し込み時には、番地まで書かずにOKで、

 

郵便番号だけでOKです。

 

 

 

A申し込みをすると。

 

車の概算価格が表示されます。

 

 

 

B相談デスクから連絡がきます。

 

よくある一括査定サービスは、

 

サイト上でかんたんな情報を入力すると、、

 

複数の買取店からジャンジャン電話がかかってきますが、

 

ユーカーパックの場合は、

 

ユーカーパックの相談デスクのオペレーターからのみ、

 

連絡が来ます。

 

(営業はされません)

 

※ ユーカーパックさん以外には、一切個人情報は漏れません、そのため買取店からの営業電話やメールも、一切ありません。ゼロなんです。。

 

 

 

C査定を受けるかどうかはあなた次第

 

オペレーターに車の詳細を伝えて、

 

更に細かい価格を聞いてみるのも良いでしょう。

 

 

 

D査定の日時を予約します。

 

査定は、近所のガソリンスタンドに愛車を持ち込むか、

 

ユーカーパックの査定士に出張査定をしてもらいます。

 

(完全無料です)

 

 

 

E実際に査定を受けます。

 

査定は、20〜30分程度で完了。

 

ユーザーは、ただ待っているだけで、なんの営業も交渉も受けません。

 

ただ、査定してもらうのみです。

 

そこで、査定士の方が写真を何枚かとって、査定表を作ってくれます。

 

 

 

Fユーカーパックさんがオークションに出品をします。

 

希望日に、出品してくれますので、あなたは何もすることはありません。

 

ユーカーパックでは、約2000社以上の全国各地の車屋さんが加盟していて、一斉にオークション(セリ)をします。業者同士が競争入札するので、あなたの車は、どんどん価格が上っていきます。

 

そこで、最高額の業者に売ります。

 

勝手に業者同士が競り合うので、

 

営業の微妙な駆け引きとか、一切ありません。

 

ネットで入札状況をリアルタイムで見ることもできます。

 

仮に、最低希望落札価格を上回らなかったら、売却してくてもOKです。

 

(最低落札価格は、実際の業者相場を知っているユーカーパック担当と相談して決めます)

 

 

 

G落札後に、書類を用意します。

 

ユーカーパックさんが、売却するのに必要な書類を、すべて教えてくれます。

 

あなたは、指示された書類を用意するだけです。そして、車の引き取り日を決めます。

 

 

 

H書類と、車を引き取ってもらいます。

 

車の引取りに関しては、完全におまかせなので、費用も無料です。

 

指定した日時に引取りに来てくれます。

 

 

 

I指定の銀行口座へ、振り込みをしてもらいます。

 

車と、書類を渡した後、指定の日時に振込してもらいます。

 

 

 

J売却後、名義変更が完了した車検証を送ってもらいます。

 

必要があれば、名義変更が完了した車検証コピーを、

 

メールや郵送で送ってもらい、

 

確実に名義変更が完了した証拠をもらう事も可能です。

 

まあ名変は確実にしてもらえるので、

 

気になるようであれば依頼しても良いかと思います。

 

 

 

これで、完了です。

 

 

 

とまあ、本当に元業者である自分が言っても、

 

つっこみどころがないサービスです。。

 

まず業者同士が入札形式で競り合うというのが、

 

そもそも業者専用のオークション会場の仕組みと同じなので、

 

ごまかしようがありません。

 

限界まで高い金額を入れないと、買えないわけですね。

 

 

 

しかも、加盟店が2000社以上って・・

 

今でもさらに増加中ですので、

 

あなたの車種に特化した、得意な車種を欲しいと思っている業者同士が入札しくれます。

 

軽自動車専門店、輸入車専門店、スポーツカー専門店、輸出車両専門店、ミニバン専門店、コンパクトカー専門店、四駆専門店、改造車専門店、高級車専門店、旧車専門店などの専門業者が争って入札をしてくれます。

 

なので・・、ガリバーなどの大手買取店はユーカーパックさんには加盟店として参加していません。

 

そもそも、ユーカーパックから仕入れても、専門業者同士が競り合うので結局金銭的なメリットが無いとわかってるわけですね。

 

 

 

なんでユーカーパックは無料なの?

 

これは各業者から毎月お金を徴収していて、その内訳は月額使用料や、落札した車の台数に応じてお金をもらっているからです。

 

業者専用のオークション会場も、同じように月額料金や落札料がかかっています。

 

 

 

 

でも、業者にとっては高く仕入れる場所なのに、

 

なんで業者はユーカーパックを仕入場所として頼るのかと言うと、

 

実は業者専用オークションって、

 

良質な車を仕入れるのがけっこう難しいんです。

 

出品者側の業者は、壊れている車や、調子の悪い状態の車をうまいこと隠して、わざと業者専用オークションに出品します。

 

買う側のお店はそれを見抜く事ができなくて、たまにそれにひっかかって、状態の良くない車を落札してしまう例が、けっこうあります。

 

業者専用オークションは、いわばババ抜きの様な世界でもあります。

 

でも、一般ユーザーからの車に関しては、そういった悪質な例が少ないわけです。

 

壊れている車は、査定表に壊れている状態として出品されますから、

 

業者からも頼られていて、仕入れの場所としてユーカーパックを利用している業者が本当に増えているのです。

 

 

 

ユーカーパックのデメリットは?

 

でも、デメリットもあります。

 

これだけが残念なのですが、

 

売却するまで時間が多少かかってしまう事でしょうか。

 

査定して、オークションに出品して、というシステムなので、

 

1〜2週間ほどかかってしまう事です。

 

 

 

お急ぎの方は、

 

2つ目、複数の買取店で比べる方法で売りましょう。

 

ネットの一括査定依頼を利用して売却する事です。

 

 

 

ネットの一括査定サイトの場合、「同時に」 査定依頼されるので、

 

買取店同士、安い金額を言うと、すぐに他社に持ってかれてしまうため、高い金額を提示するしかないんです。

 

私が買取店店長だったときは、

 

新規のお客さんが欲しいので、

 

色々な一括査定サイトを加盟店登録して利用していました。ただ、

 

一括査定サイト経由のお客さんは、本当に苦労しました。。

 

 

 

ただ、これもいろんな一括査定サイトがありまして、

 

私は買取店時代に、4つのサイトに加盟店登録していました。

 

4つのうち、3つの一括査定サイトは、比較的安く購入する事ができました。

 

ただ、1つだけめいっぱいの価格を提示しないと、買えないサイトがありました。

 

リクルートが、雑誌の時代から地道にやってきてるだけはあるな、と感じます。

 

さっきも紹介しましたが、カーセンサーネットの一括査定サイトです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

 

 

 

業界、圧倒的No1、加盟店数を誇ります。

 

他の一括査定サイトは、まだ若いITベンチャー企業がほとんどで、加盟店数が非常に少ないんです。

 

大手買取店や、各地方ごとの買取店くらいしか、参加していません。

 

カーセンサーは、地場の販売店のみならず、

 

輸出業者や、解体業者まで参加しているために、底力を感じますね。

 

 

 

更に特徴的なのが、加盟店である業者へ、

 

欲しい車種のみを届けてくれるサービスをしています。

 

 

 

なので、

 

輸出向きの車を査定依頼フォームへ入力すれば、

 

輸出車両の買取りが得意な業者へ依頼ができ、

 

新しい車、輸入車、スポーツカー、ポンコツ車、などの車でも、

 

査定依頼フォームへ入力すれば、その車種が得意な業者へ依頼ができます。

 

 

 

査定依頼フォームに入力して、次の画面に進むと、

 

大手買取店以外に、あまり聞いたことのない業者名があったりします。

 

地元の会社さんや輸出業者さんで、特定の車種を欲しがっている業者さんです。

 

そのため、大手買取店も本気の金額で勝負してきます。

 

 

 

大手買取店が、なぜ大手にまで成長できたかというと、

 

とにかく安く買い、高く売る! これを繰り返してきたからに他なりません。

 

ただ、一括査定経由の査定依頼だけは、

 

他店に取られてしまうとブランドイメージも損ないますし、本気でやってきます。

 

あり得ない金額提示を出してきたりましますので、私も良く負けました。

 

 

 

カーセンサーは、業者にとっては安く買えないのでうま味は少ないのですが、やはり利用者数が多いので、仕方なく利用していました。

 

ただ、車を売るユーザー側にとっては、良いサービスだと思います。

 

 

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

車を売るんだったら、カーセンサーの一括査定は最もおすすめです。

 

堂々と、複数の査定会社へ依頼しましょう!

 

 

 

まとめます

 

なので、すぐに売りたい人は、

 

カーセンサーで査定依頼したら、すぐに売れます。

 

 

 

営業されたくない、個人情報も渡したくない、

 

時間もまだ大丈夫という方は、

 

ユーカーパックがおススメです。

 

 

 

結局どっちが高く売れるのか?

 

カーセンサーは、私は安く買えたことはありませんでした。

 

ユーカーパックは、

 

そもそもが業者同士で競争入札をするので、、

 

業者だ出せる最高額で、売れないはずがありません。

 

本当に甲乙つけがたいです。

 

他にもいろいろな車の売り方やサイトなどはありますが、

 

この二つのどちらかであれば、

 

まず損はしないと言えますよ。

 

がんばって、高く売りましょう

http://takakuuru.net/?p=592