セレナ プロパイロット

MENU

セレナ プロパイロット

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

高速道路をよく利用するドライバーは必見です。

 

高速道路での単調で長時間のロングドライブはできれば避けたい。

 

こういうつらい状況時に人間に代わって前のクルマを追従して車間&車速をキープしながら、ハンドルも制御してくれるのがセレナで注目のプロパイロットです。

 

 

 

 

右手親指の操作2回だけで使えるシンプルさが魅力

 

新型セレナが搭載するプロパイロッ卜は、高速道路での巡航走行や渋滞走行でアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をクルマ側が自動制御するもので、限られた状況下ではあるが部分的に自動運転と呼んでも差し支えないものだ。

 

操作は簡単。まずはエンジンを始動してステアリング右側にあるプロパイロットのスイッチをオンにしてスタンバイ状態に。

 

次に前にクルマがいる、もしくは自車の速度が30?1o okm/hの範囲内でプロパイロッ卜スイッチの横にあるセッ卜スイッチをオンにすれば、これでも-つプロパイロットが作動する。

 

眼前のモニターには機能オフ、スタンバイ、前車を認識 車線を認識などの状態が簡潔に表示されるので安心感がある。

 

 

前車との車間距離を|定に保ちながらのクルーズコン卜ロールは、すでに普及しているので体験している人も多いだろうがプロパイロットが高機能なのは、渋滯などで前車が停止すればそれに合わせて停止し、3秒以内に前車が発進すれば自動発進、それ以上ならばレジュ5 (再
開)スイッチを押すかアクセルぺダルを踏むことで再び追従走行に入ることだ。

 

アクセル、ブレーキともに制御は急な操作がなく穏やかな部類。

 

特に減速はスムーズで熟練ドライバーのようだ。

 

車線をきちんと認識していればステアリングも制御される。

 

既存のシステムでは車線をはみ出しそうになると制御するもの、車線の中央付近を走行するよう制御するものに分かれるがプロパイロットは後考ステアリング制御はそれなりに強めで、車線中央から端へ寄りそうになるとクククツと戻されていく。

 

 

 

曲率が緩やかであればコーナーでも車線中央を維持しようと働き、ある程度以上の横Gが発生してくると、それを抑えるべく車速を緩やかに落としていく。

 

ドライバー自らがスムーズで安全な運転をしていれば自然な感覚だが、そこから外れかかるとシステムの支援が顔を出すような制御感であり、実に心強い味方となってくれる。

 

そもそもの疲労を軽減してくれるとともに、ちよつとした気の緩みを正してくれるのがプロパイロツ卜だ。

 

 

 

 

あくまでも個人的な感想だが・・・

 

首都高速や大阪環状線のような急カーブが続くようなルートではプロパイロットは不向きだと思うし、あくまでもドライバーをアシストするシステムなのでプロパイロットを100%信用して運転するのは危険だと思う。


 

日産ディーラーへ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 日産ディーラーへ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「車比較.com」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となったケースも実際にあります!