MENU

日産セレナの性能を辛口で評価!2017年度版

 

 

 

セレナ(Sハイブリッド)を徹底的にこだわって評価してみました。

 

セレナを検討・購入するときの参考にしてみて下さい。


 

 

セレナ評価ベース

  1. 動力性能
  2. 足回り
  3. 運転のしやすさ
  4. 経済性
  5. 居住性
  6. 実用性
  7. 安全性

以上の7項目別でセレナを評価していきます。

 

最も良い評価がA〜最も悪い評価がEで評価しています。

 

 

セレナの動力性能

評価項目

評価

市街地での扱いやすさ

高回転域でのふけあがり

C

加速のスムーズさ

エンジンとミッションの相性

環境対応技術の採用度

B

 

 

Sハイブリッドシステルも継続して採用している。

 

エネルギー回生システム、発進時のモーターアシストなどにより燃費と走りを両立している。


 

 

 

セレナの足回り

評価項目

評価

直進安定性

B

ステアリング操作に対する正確性

C

コーナリング時の安定性

C

乗り心地

B

 

 

ボディ剛性を高めてあり、ショックアブソーバーの容量をアップさせることで、背の高さを感じさせない安定感と乗り心地のよさを実現している

 


 

 

 

 

セレナの運転のしやすさ

評価項目

評価

視界はどうか?

A

車両感覚のつかみやすさ

A

小回り性能

C

スイッチの操作性

B

メーターの見みやすさ

B

 

 

フロントの窓枠を細くして、メーターデザインも視界を妨げないよう工夫を施すことで良好な運転視界を確保している。

 

 

ボディの四隅も把握しやすくて狭い路地でもスムースに扱える。

 


 

 

 

セレナの経済性

評価項目

評価

燃費性能

B

コスパ (セレナ 値引き)

B

リセールバリュー

 

 

最高で17.2km/Lの燃費は同クラスのガソリン仕様の中では優れた部類。

 

先進の運転支援機能もリセールに好影響。

 

 

詳しい燃費性能については別ページでご紹介しています。 セレナ 燃費


 

 

セレナの居住性

評価項目

評価

後席の乗降性

B

リアシートの座り心地

C

後スペースの広さ

走行時の静粛性

C

 

 

クラス最大級の室内長と室内幅によって1列目、2列目はもちろん3列目もゆったりと広々。

 


 

 

 

セレナの実用性

評価項目

評価

収納スペース

A

シートアレンジ

B

荷室スペースの広さ

 

 

 

広い室内を活かして車内の各所に便利な収納が備わる。

 

 

多彩なシートアレンジが可能で実用性は申し分ない。

 


 

 

セレナの安全性

評価項目

評価

予防安全装備

A

衝突安全に対する配慮

B

危機回避時の安全性

C

 

 

エマージェンシーブレーキをはじめとした安全運転支援など、事故を未然に防ぐサポート機能が充実しています。

 


 

 

 

セレナの総合評価

総合評価

A

 

 

プロパイロットに注目が集まってますが、ミニバンとしての能力は高い。

 

 

フル乗車してもゆったりと快適でさまざまな用途に対応できる優れた利便性は競合車に対する強力な優位性となっています。

 

 


 

日産ディーラーへ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 日産ディーラーへ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「車比較.com」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となったケースも実際にあります!